信州の有料道路

志賀中野有料道路

概説

栗林側から見る料金所

主要地方道中野豊野線は、中野市七瀬の国道292号との交差点を起点に、豊野町で国道117号と結び、さらに国道18号を経由して長野方面と、山ノ内・飯山方面間の交通に主として利用されてきました。近年、交通量の増大に因る渋滞が発生し、特に上信越自動車道中野インターが供用になると、スキーシーズンを中心に激しい交通渋滞が予想されることから早期の道路設備が求められておりました。
平成元年度から中野インターから七瀬間4.8kmに着手し、中野トンネルを含む栗林・七瀬間は有料道路事業を導入することとし、平成元年8月着手し、平成6年8月に志賀中野有料道路が開通の運びとなりました。
活力に満ちた快適な地域づくりの推進に貢献できますと共に、1998年開催の長野冬季オリンピックでは主会場の長野市と志賀高原を結ぶ輸送路として、定時性・安全性を備えた交通を確保でき、オリンピックの成功に寄与しました。

概要

路線名 主要地方道中野豊野線
有料道路区間 中野市大字七瀬から中野市大字栗林まで
有料道路全長 2,624m
トンネル延長 中野トンネル720m
道路区分 第3種第2級
設計速度 60km/h
幅員 7.0m(2車線)
総事業費 93億8千万円
供用開始日 平成7年3月16日
七瀬から望む高社山

料金表(ご注意:ETC、クレジットカードは使えません。)

※通常料金

道路環境改善事業実施中、この通常料金は適用されません。

車種 普通車 中型車 大型車 特大車 軽自動車等 軽車両等
通行料金 310円 310円 460円 860円 260円 30円
障がい者料金 160円 160円 130円
11回券
60回券
100回券

道路環境改善事業期間 料金表(H29.4.1~H30.3.31)

※6:00~22:00の間

車種 普通車 中型車 大型車 特大車 軽自動車等 軽車両等
通行料金 100円(回数券は使用できません。) 30円
障がい者料金 50円 50円 50円

※22:00~翌6:00の間

車 種 普通車 中型車 大型車 特大車 軽自動車等 軽車両等
通行料金 全車種 無料

 

車種区分について

詳細はこちら

障害者割引制度について

詳細はこちら

管理事務所

志賀中野有料道路管理事務所
〒383-0056 長野県中野市大字栗林字山下736-5
TEL.0269-26-1880/FAX.0269-26-1881
PAGETOP